30代リーマン(社内SE)の資産運用記録

わんちんです。しがないリーマン(社内SE)の資産運用の記録を公開していきます。実践内容・記録が参考になれば幸いです。FIRE/アーリーリタイアを目指しています。

【読書感想文】リーダーシップに出会う瞬間 成人発達理論による自己成長のプロセス

今回はリーダーシップに出会う瞬間という本を読ませていただきました。

 

スコアリング結果・・・非常に良い評価(33/40)

f:id:wantin12:20220109202548p:plain

リーダーシップに出会う瞬間スコア

知恵・・・9点

 口述しますが、自分自身が反応を決めていることであったり、リーダーシップ=影響という点、どこに重きを置いているかなどは基本的に7つの習慣と被っていました。
 ただ、本紙では日本企業の中でまさにあり得る女性役職者の増加を目的とした会社の背景や周りの反応、当人の"想い"がかなりリアルに描かれているためかぶっていると思いつつも読むタイミングによってはこちらの方が良い点がいくつか見受けられるように感じました。

 

知識・・・9点

 本紙に出てくるコアリーダー・エゴリーダーといった言葉の前提には、ロバート・キーガン氏やカート・フィッシャー氏、オットー・ラスキーといった成人発達理論をもとにストーリが練られています。

 利己的段階→他社依存段階→自己手動段階→相互発達段階という段階的に成長をしていく主人公の成長を発達理論をベースに展開されていきます。

 成人発達理論という言葉自体は初めて知りましたが、行動志向パターンが会社員としてよくあてはまる内容であり、7つの習慣の内容と被りつつも改めて振り返りができる内容と感じました。

 

独自性・・・9点

 まさに主人公が管理職にならないかと声掛けされていくところから、よき指導者・メンター・友人・家族が登場し、成長のために何を気づき、どうありたいのかをストーリー仕立てでとても読みやすい仕立てとなっていました。

 さらに主人公は女性であることから、女性目線でも記載があり、非常に女性目線でも良いものなのではないかと思いましためこの点数にしております。

 

モチベーション・・・6点

 ストーリーとしては、よき指導者メンターが出てくるのでそれを踏まえた成功体験やそれでも不安になる心情が書かれており、読み物としてはすんなりとはいってくるものの、心を奮わせるといった内容ではない、シンプルにこのシチュエーションの人に寄り添った形のストーリであったためこの採点です。

 

 

 知恵、独自性、知識が高い読み物でモチベーションが高いものはほぼほぼであったことがないですが非常に優良な本だと感じました。

 

7つの習慣要素

f:id:wantin12:20220117224419p:plain

7つの習慣要素_リーダーシップに出会う瞬間

 

第1の習慣「主体的である」・・・9点

 本紙は、主人公が管理職を目指すにあたり、自分なんかがなってよいのか?まさに葛藤している状態から枠を出るために周りにサポートして自分のコアの想いに気づき、自己実現に向けて踏み出す内容となっております。

 また、自分自身がそれぞれの外部からの刺激を一度自分のレンズを通して反応をしている点も全く同じ内容が書いてあり、自分が何をしたいのか?決定する点については大枠同じ内容があるため高評価となりました。

 

第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」・・・8点

 主人公がリーダーシップとはなにか?コアリーダーとしての想いは何なのかを気づき、最終的に自分の想いを実現するためにリーダーとなった後のストーリーも記載がありました。

 7つの習慣では死までを思い浮かべる人生の終わりまでの話ですが、本紙は自分の働き方の思いをどうやって気づくのか?気づいて実現していく流れが記載があるので高評価です。

第3の習慣「最優先事項を優先する」・・・6点

 本紙では最優先事項と少し似ているコアリーダーとしての想いを優先することが記載があったのでいったんこの評価としました。

 

第4の習慣「Win-Winを考える」・・・6点

 自分の想いと相手の立場について本紙では会議等での意思決定の場で例が出されていましたが、自分の想いを譲らずにうまくやる点について記載があったのでこの評価としました。特に人格と人間関係についての記載がかぶっていると感じます。

 

第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」・・・9点

 傾聴については直接記載がないように見えますが、全体を通して主人公は周りに傾聴をしています。その中で相手の想いに気づいたり自分が気づいてなかった想いに気づくことができていました。ストーリー全体としてちりばめられているのでこの点数とします。


第6の習慣「シナジーを創り出す」・・・9点

 第5の習慣に近いです。コアリーダーとして働き始めた主人公は大きく自立した個人となっており、職場のトラブルメーカーのようなキャラクターとも信頼を得て、新たなプロジェクトを動かしています。その中でも人間関係や仕事の進め方のトラブルについて自分の想いを前提に相手を理解しWin-Winを考える姿勢が最終章にまとめられていました。

 この部分も直接的には書いていませんがよく盛り込まれていると感じたためこの点数とします。


第7の習慣「刃を研ぐ」・・・5点

 本紙での自分を磨く内容についてはあまり記載がないです。最初の主体的であることに対して自分の想いは何なのか?を気づくためのSTEPがあったのでその点のみを評価しこの点数です。一番低い点数で間違いないかなぁと思ってます。

 

スコアの詳細は以下の記事で紹介していますので是非ご覧ください。

wantin-asset.hatenablog.com

 

 

読むべき人

最後に本紙を読むべき人は以下のような方々向けと感じます。

男女問わずこれから課長・リーダーになる方

 特に女性視点で記載しているので女性の方がオススメかなと。

既に課長・リーダーになっている方

 特になり立てで、自身のリーダーシップとは何か?が正確にわかっていない・もやもやしている方も一読推奨です。また、それ以上を目指そうとしているのにうまくいかない方も振り返りになるので見てみるとよいと思われます。

課長・リーダー・管理職を目指す方

 日頃から上司(ロールモデル)を見ていてもこういったInput情報がないと簡単には分析ができないと思います。是非参考にしつつ、現場でも視座を高める意識を持ち働いてみると成長速度が変わるきっかけになると考えます。

 

フリーランスとかの人は気にしなくてもよいかもしれません。事業主になる人とかは共通する部分があると思いますのでお勧めです。

 


 

 

 

↓良かったらポチって応援してくださいミ☆

にほんブログ村 本ブログ 自己啓発書へ
にほんブログ村

育児休業・パパ休暇について

更新中の記事となります。

 

さて、私の会社でもあまり利用されている人が少ないことからも子供が生まれてからやる手続きや、育児休業という観点で記事を書いていこうと思います。

 

さて、まずは育児休業について利用予定のためわかるところから書いていきます。

そもそも皆さんの職場での育児休業の取得率はいかがでしょうか?

実際に私も取ろうとしていますがそこそこ気が引けていますが、理由は以下の通り。

・昇給に不利になる(単純に評価されない期間が出る+該当期間の目標設定も難易度が上がり、達成し辛い)

・現場に迷惑がかかるので気が引ける

もう少しブラックな環境だとそれどころではないともありそうですね。また、圧力もあるようです。公務員でもあるそうですよ。

 

産後パパ休暇

-産後パパ休暇というのは出産後8週間以内に育児休業を取得することを指しているようです。

 

-育児休業の原則は、「1歳になるまでの子供を育てる従業員」が「子供が満1歳になるまでの間で、従業員が希望する期間」取得することができる休業を指します。特に女性は出産後8週間の「産後休業」終了後より取得することができます。

この育児休業の特例として、子供が生まれて8週間以内に父親(または医療ケアの必要ある父母を支える立場にあるもの)が育児休業を取っている場合、期間を開けての「育児休業の再取得」が可能です。

さて、私の会社では事前に休業予定を出しておく必要があります。
※半年以上が長期扱いとなるようで短期の場合はそこまで従業員が対応するべく処理がいらないみたいでExcelで休む期間を提出するのみでした!

 

厚生労働所省による改定説明の背景やその内容 

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000851662.pdf

 

f:id:wantin12:20220110131734p:plain

厚生労働所による育児休業制度を利用しなかった理由の調査結果

これを見ると女性より多いのは、雰囲気+収入や現場への迷惑+俗人化やキャリアの所が多く見られますね。

 

育児休業給付金

多くの方々が利用しているこの制度。雇用保険制度の中身にあるものですね。お子様だけでなく体調不良等の長期療養で休職している方でも利用している方もいると思うので割となじみがあるものかと思います。

■条件としては以下の通り。

雇用保険に入っていること

・1歳未満の子供がいること

・2年間で11日以上働いた月が12か月以上あること

育児休業期間中に開始前の賃金の8割以上の支給がないこと

・休業期間中に就業しているに数が10日以下であること

今回私は分割しているので後半で利用ができると思うのですがこの分割パターンでの請求について記載のあるページが公式にもなくてわかってません。笑

前半の4週間については月真ん中あたりでスタートしたので対象外なのでただただお給料がないです。(涙)

■支給額の計算方法

 

労働者の育児休業開始時賃金日額×支給日数(通常30日)の67%
育児休業の開始から6ヶ月経過後は50%)

育児休業開始時賃金日額とは、事業主の提出する「休業開始時賃金月額証明書」にある金額の休業開始前の6ヶ月の賃金を180(6ヶ月×30日)で割った金額です。その日額と育児休業をとった日数をかけて67%にした金額が1ヶ月あたりの育児休業給付金です。

 

2022年(令和4年)育児・介護休業法の改定

改定ポイント1

2022年4月から始まるのが周知・意向確認義務が全ての事業主に義務付けられることです。今まで任意だったので働きかけることでより取りやすく仕向ける作戦ですね。大変良いかと思います。

 

改定ポイント2

2022年10月から始まるのが、出生時育休制度の創設です。目的は子どもの出生直後の時期における柔軟な育児休業の枠組みの創設です。
男性産休です。子どもの誕生直後8週間以内に父親が最大4週間を2回に分けて取得することができる制度です。
別枠でさらに2回取得することができるので最大で合計4回取得できます。

f:id:wantin12:20220110132511p:plain

厚生労働省制度概要

今までは育児休業の分割時は原則1回までしか育児休業給付金が受け取れなかったのですがその制限が2回に改定。

■ 1歳未満の子について、原則2回の育児休業まで、育児休業給付金を受けられるようになります。
■ 3回目以降の育児休業については、原則給付金を受けられませんが、以下の例外事由に該当する場合は、この回数制限から除外されます。
■ また、育児休業の延長事由があり、かつ、夫婦交代で育児休業を取得する場合(延長交代)は、1歳~1歳6か月と1歳6か月~2歳の各期間において夫婦それぞれ1回に限り育児休業給付金が受けられます

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000838696.pdf

 

f:id:wantin12:20220110132609p:plain

厚生労働省_改定後の働き方・休み方イメージ

 

育児・介護休業法について|厚生労働省

 

改定ポイント3

大企業の取得率公表義務化が始まります。

 常時雇用する労働者が1,000人を超える事業主は、育児休業等の取得の状況を年1回公表することが義務付けられます。
● 具体的には、以下の①または②のいずれかの割合を公表する必要があります。インターネットの利用その他適切な方法で、一般の方が閲覧できるように公表してください。

とりやすい雰囲気づくりには欠かせませんよね。とにかく男性の育児休業の取得率上昇のためにまた大きく前進したのではないでしょうか。

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000851662.pdf

記載したポイントは3つですが上記厚生労働省発表PDFのページ17を見ると大きくは6つ改定になっています。

 

 

個人的見解

昨今のFIREブームもしかり、やはりバブル期からの働き方が変わってきたのがやっとここ数年で大きく変わってきた認識です。人それぞれ何を中心に生きているかも違うこの時代ですし、より自由な選択肢を与えてくれるのは非常に良い改定だと感じます。

それ以前にも子育ての大変さを世の中の男性にはもっと理解してあげてほしいなと思います。一人でずーっと子供の面倒見て家事選択までやってるのは正直無理だなぁと実感しました。

プライベート時間が無くなるだけでストレスって簡単にたまっていくものです。

夫婦であればお互いに適切に話し合ったり時間を取ってあげたり、役割分担してあげるなど当たり前ですが仕事を理由にせず、寄り添う形で子育てを楽しんでもらえるとよいのではないのでしょうか。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

【考察】自己啓発本をスコア化してみる

こんにちわ、わんちんです。

前々から思っていたんですがすべての自己啓発本は全て7つの習慣に収束するのではないかと。

 

自己啓発本のレーダーチャートはこうなるのでは?

考察するに、7つの習慣要素とそのほかの要素でほぼ成り立っているのでしょう。

考えましたところ以下のように感じました。

f:id:wantin12:20220109202548p:plain

自己啓発本のレーダーチャート

正直7つの習慣に盲目的になっている気もしますがベースと考えるとこれが最大スコアとしてそのほかの自己啓発本は分類されると考えました。

分類の中身について少しだけ補足させていただきます。

1.知恵

物事の理を悟り、適切に処理する能力。

今日では一般に、人生の指針となるような、人格と深く結びついている哲学的知識をいう。 From 広辞苑より

ここでは人格=考え方であり、著者の考え方・言い分、マインド、思考といったことが当てはまるものだと考えております。

広辞苑の理を悟りという部分は正直だいぶ最終段階ですが知識や自己表現をどのように"正しく"活用するのか?といってもいいのかもしれません。

つまり知恵としてはその前提に知識が必要という認識です。

 

2.知識

ある事項について知っていること。また、その内容。

原理的・統一的に組織づけられ、客観的妥当性を要求し得る命題の体系。From 広辞苑より

これはあんまりいうことないですね。知識とは情報を認識していることです。

技術やメソッド(手法)、テクニックといったものもこちらに含まれるものと認識しています。

よくある話し方、伝え方、聞き方とかそういうやつはもうほぼ知識として分類できるものと考えます。

3.モチベーション

動機を与えること。動機づけ。誘因。

物事を行う意欲。やる気。 From 広辞苑より

著者の熱意や本を読んだ時に感化される具合がよくあるなと思ったので入れてみました。これは著者が何を伝えたいのか?どう伝えてきているのか?どれが一番のポイントでそれが読み手にどのくらい伝わっていて、動かせるのか?といったところで本全体で伝えてくる部分かなと考えます。

4.独自性

他と異なり、そのものだけに特有であること。

ここは著者のストーリや、著名人へのヒアリングとかを組み合わせたストーリー。著者の本の書き方の工夫とかそういったところです。読みやすさとか含めここが大きく違うところですね。

7つの習慣が全てといいつつ特に2-4の要素は本によって大きく異なる点かなと思ってます。

ちょっとモチベーションと独自性は因果関係がある気もしていますが、独自性が全体を引き上げている部分もある気がするので入れました。

 

7つの習慣要素

で、さらに言うと先ほどの知恵については7つの習慣が全てだと思っているため、各本は7つの習慣の中でどこに当てはまる部分が書かれているか?が入ってくるものと思っています。

f:id:wantin12:20220109222417p:plain

7つの習慣要素

例えば直近読んでいるリーダーシップに気づく瞬間とかも主人公が管理職昇進に向けたコアリーダーになるための自己理解やチームにどう影響を与えていくのかとかをメインに書いていたためこの分布になるのではないか?といったところです。

 

 

前々から7つの習慣に書いてあることではないかということがどの本を読んでも思っていたので、何となくプロットしてみました次第です。

 

異論反論は認めます。笑

 

ではでは、気が向いたら読書感想文はこれらをベースに記載してみようかと思います。

にほんブログ村 本ブログへ

2022年資産運用ポリシー

さて、2021年はTwitterの株クラの皆様に情報いただきまして色々方針も変えていこうかなと思いまとめていきたいともいます。

wantin-asset.hatenablog.com

 

収入・支出

昨年度と大きく違うのは今育児休業中のため12-2月はサラリーがございませんことです😢

とはいえやっていくことは変わりませんのでいったん無視していきます。

-収入元

 相変わらずサラリーのみ!大体残業時間も併せて400,000円程

 昨年度より基本給が上がったのが大きいところです。

-固定支出

2021年 2022年
固定支出
ローン返済 65000 65000
金保険・保険 23500 23500
携帯・回線 7000 7000
電気水道ガス 20000 25000
食費 25000 35000
保育園料 0 80000
合計 140500 235500

 

はい、来ました。子ども増えましたからね。支出大幅にUP!食費と電気ガス水道も大幅に増えます。保育園料金も4月からですがこのくらいはかかる予定なのでいったん見込みで記載しておきます。

 

となると、ある程度自由に使えるお金は16万円ぐらいと前年よりは減る見込みです。

 

分散方針

・ジュニアNISA

2021年分 eMAXIS Slime S&P500 80万一括購入

2022年分 楽天VTI一括購入 80万一括購入

 

・子供お年玉

QYLD10株購入 来年度も購入。配当金額としては今年は1株に満たないので来年からは1株満たせば買い増しを6年間継続予定。

QYLDの配当金額の変動や為替レートの大幅な変更時は再考します。

 

2021年 2022年
投資支出
子供用学費投資額 46000 25000
楽天VTI 80000 33333
ALL Country 30000 30000
S&P500 20000 36667
Total 176000 125000

 

 

で、毎月の積み立てはこんな感じです。

前回と違うのは子供の学費投資額ですね。
前回ジュニアNISAを考慮していなかったのでジュニアNISA分を減額した形で記載しております。なので前回と大きくわからわず毎月積み立ててあげていきたいと思います。

既に一括購入をしているのでその分差っ引いて25000円としているので実質昨年度と変わりません。

実質支出も多いときや小物購入等が不定期に起こるので定期購入分としては昨年度より少し落とす形としました。

端数で入金できる部分では日本株もグロースには手を出さず、手堅く大手の高配当銘柄を買い増ししていきたい所存です。

 

配当金

だんだんと育ってきました。税引き前で120万もう少しで税引き後100万目指せます。

2021年はQYLDに出会ったがゆえに毎月配当の"超"高配当ETFを積み立てることにしました。

QYLDの配当金はVTI or QYLDの買い増し利用とする予定。
※米国株はETF絞りにします。

大体350-400$ぐらいが配当金で来る想定で、QYLDであれば16-18株ぐらい。VTIであれば1株だけ買い増しが可能です。

なのでVTI1株、端数をQYLDで買い増ししておこうかなと思ってます。

為替次第ですが入金も検討。

今年は120万→150万ぐらいいきたい所存です!(目標高め)

 

 

にほんブログ村 投資ブログへ